保湿を大切にして敏感肌と付き合っています

公開日: 

私は敏感肌で、カミソリ負けはもちろん、髪の毛などの小さな刺激にも肌がすぐ赤くなってしまいます。

大人になってからは少しマシになったのですが、子どもの頃はアトピーがひどかったこともあり、服の生地や下着の締め付けなどに肌が負けてしまったり、いつもどこかが痒い状態でした。

今でもブラジャーの締め付けが駄目で、正直言ってつけている時間の方が少ないです。

また化粧を長時間したり、普段と違うお肌のケアを1回でもしてしまうとすぐに吹き出物ができたりと、かなりメンドクサイお肌です。

日中は出来るだけ顔に髪がかからないヘアスタイルを意識していますが、それでも首まわりの開いた服などを着ていると、鎖骨に当たる髪で赤くなってしまったり…。

こんな非常に気難しい肌と付き合っているわけですが、学生のもっとひどかった頃に通っていた皮膚科の先生に、「乾燥肌は刺激をより敏感に受け取ってしまう」という話を聞いてからは、保湿を大切にするようにしています。

お風呂後の肌のお手入れは、お風呂から上がって5分以内には始めるようにして、化粧水(可能な日は化粧パック)→保湿ジェル→保湿クリームのルーティーンは、外泊でも必ず時間をかけてするようには心がけています。

また朝はお化粧よりもスキンケアに時間をかけ、日中乾燥しないようにしっかり保湿をして出かけています。

現在も仕事のときは首元に襟のついたシャツを着るようにして肌の露出を最低限にしたりと気を使うこともありますが、少しずつこのメンドクサイお肌との付き合い方もわかってきたかな、という状況です。

次は少しずつでも改善できるよう、取り組んでいきたいなと思っています。

私の肌の悩みについて

私は長年、肌について悩んでいます。

私の肌の悩みはニキビができること、毛穴の開きがひどいこと、皮脂がすごくて顔がテカってしまうこと、夏は皮脂がすごくてテカるぐらいなのに冬は乾燥もすごいこと、敏感肌でスキンケア商品とファンデーションの相性が合うものが少ないことです。

ニキビについては小学生の高学年頃からずっと悩んでいます。

小学生ですからニキビのことでからかわれたりして嫌な思いをしましたし、生理周期の関係やストレスの関係でもニキビができます。

毛穴については特に鼻の毛穴の開きがひどく、毛穴の黒ずみが気になり毛穴パックを使って取り除いたりしましたがケアの仕方が悪いのかどんどん開いていくばかりでとても目立ちます。

顔の皮脂については皮脂がひどくて顔がテカってベタベタします。

脂取り紙を使ったりしますがあまり意味がないように思います。

それなのに冬は口元や眉付近などが乾燥して粉を吹いたりします。

敏感肌についてはスキンケア商品が合わなければ肌がヒリヒリしますし、ファンデーションが合わなければ痒みを感じてぶつぶつができます。

普段、肌の悩みに合わせてニキビや毛穴に効果があるというスキンケア商品を使っています。

色々試して現在の商品に落ち着いていますが、未だ満足のいく肌の状態にはなれていません。

良くなると信じて使い続けています。

気を付けていることはニキビを作らないためにピーナッツを食べないようにしています。

個人的にピーナッツを食べるとニキビができやすいと感じた為です。

このように肌の悩みが多いのですが、これからも肌の悩みに効くものを見つけたらなんでも試して改善することを目指したいです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑