自分の肌質に合う化粧品を探すのが大変でした。

公開日: 

私は混合肌で、冬場は特に口元がどんなに保湿しても、カサカサになってしまうぐらいでした。

25歳を過ぎたあたりから、仕事でのストレスや体調不良など、身体のバランスが崩れると今度は顎周りに大量の吹き出物ができ、病院通いもしました。

なかなか治らないため、隠すためにマスクをして生活をしていました。

いろいろとスキンケア商品を試しては辞めの繰り返しで、一時このまま治らないのではないかと心配になったぐらいでした。

そんな時友人の紹介で、使い始めたシャンソン化粧品を、半信半疑で使い始めましたが、今の自分の肌質に合っているのかみるみるうちに改善されてきました。

あんなに悩んでいたのは何だったのかと不思議な気持ちになるぐらいでした。

朝の洗顔後に化粧水、乳液、ベース乳液を付け一日仕事をしているのに、まったく口周りの乾燥も気にならなくなりました。

夜はクレンジングオイルをたっぷり、よく馴染ませて流すときは必ず乳化させてから。

洗顔料はしっかり泡立てて、泡で洗うように。

化粧水、乳液、ナイトクリームを塗って寝るだけで今ではすっかり顎周りの吹き出物にも悩まされなくなりました。

出来たとしてもすぐに治り、吹き出物が大きくならないのです。

毎月シャンソンのエステにも行き、ケアをしてもらっていますが一回?2,100と、高くないので続けられています。

毎日の積み重ねが大事だと本当に痛感しました。

担当のエステティシャンの方からは、顎周りだけでなく鼻周りの毛穴も小さくなってきたと言って頂けました。

今ではその時の体調や肌質に合わせ、担当の方とスキンケア商品を変えるようにしています。

漢方由来の商品が今は一番自分の肌に合っています。

今後も自分の体調やストレスと向き合い、スキンケアを続けていきたいです。

お化粧嫌いな私の肌は。

若い頃からほとんどお化粧をしないで51歳の今まで来てしまいました。

パートに行っていた頃は、保湿クリームと口紅とアイシャドーと眉毛を書くくらいでした。

なので、ファンデーションは今までに数回しか使った事がありません。

子供の運動会にすっぴんで行った時はさすがに翌日に鼻と目の下が真っ赤になって恥ずかしかったです。

若い時は勘違いをしていて、お化粧をいつもしている人の方が年を取ってから老けると思ってました。

よく化粧焼けという言葉を聞きました。

でもそれは昔の話で今はお化粧品が全然良いし、紫外線の方がよほど肌に悪いという時代です。

今は健康のために土手にウォーキングにいくのですが、これも肌には悪いですね。

さすがにUVクリームや日焼け止めなどを塗ります。

面倒くさがりの私は、ファンデーションなどを塗った後で、メイク落としで顔を洗うのがとても面倒に感じています。

でも40代になると、シミが出てきました。

人生のツケがまわってきたという感じです。

今も健康のためにウォーキングは行きます。

日光を浴びると、骨には良いけど、肌には悪いです。

肌と骨だったら骨の方が大事です。

使っているのはオール・イン・ワンのクリームです。

それもない時は昔ながらのニベアです。

これが意外にいいです。

顔だけのためではないけど、健康のために毎日ヨガをやっています。

便秘にも気を付けています食事は朝ちゃんと食べています。

ごはんと納豆とみそ汁です。

睡眠も十分とっています。

その結果、シミはともかくとして、まあまあの状態です。

吹き出物などはなく、それほどたるみもありません。

ダイエットもしています。

結果としては、化粧品はこだわっていないけど、他の面では健康に気を使った結果、シミはそばかすのような細かいものが出ていますが、たるみは年の割に少ない方です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑