アイメイクのこだわりはマスカラ

公開日: 

目が奥二重なので、アイシャドーは腫れぼったく見えないような色を選ぶようにしています。

実際に自分が使ってみていい感じに見える色は、ブラウン系とグレー系、そして意外といいのがモスグリーンやライトグリーンなどのグリーン系です。

特にグリーン系ではモスグリーンが日本人の肌に合っているみたいです。

アイライナーも必ず使っていて、ペンシルタイプでまつ毛ギリギリにベースのラインを引き、目の幅の三分の1くらいの目尻寄りの辺りから、筆タイプのアイライナーをまぶたの延長のラインで描きます。

ちなみにペンシルタイプで引いたベースのラインは、アイシャドーと一体化させる感じでぼかしますが、ぼかさなくても時間と共に自然にぼやけている感じです。

あと、絶対に欠かせないのはマスカラで、アイメイクにかける時間の中で一番時間をかけるのはマスカラかもしれません。

ダマにならないように気を付けながら、基本的には2本使いでメイクします。

まずは繊維なしのタイプで上下のまつ毛を塗って、その後は繊維ありのタイプのマスカラで、丹念に長さを出して行きます。

ビューラーは使ったり使わなかったりですが、使う場合は熱でアップさせるホットビューラーで形を整えます。

アイライナーはにじみやすいのでウォータープルーフタイプを使っていますが、マスカラはお湯ですぐ落ちるタイプのを使うようにしています。

(落ちにくいタイプのマスカラは、クレンジングの際にまつ毛に負担をかけて抜け毛が多くなってしまうので)
私のアイメイクのこだわりはマスカラだと思います。

まつ毛を長くメイク出来た日は、何だか気分もウキウキしてしまいます(笑)。

年を重ねるごとにシンプルに

若い頃はつけまつげにカラコンと盛っていたのですが就職し、落ち着いてくるとシンプルなアイメイクがしっくりくると思い始め、そこからは非常にシンプルなメイクをするようになりました。

こだわっているのはアイシャドーです。

目の形を研究して自分に合う色を見つけて買うようにしています。

私は濃いめの茶色でないと引き締まらないので必ずその色を購入します。

アイホールにはベージュなど、明るく見える色を使っていますが、二重線の目の際には濃い色の茶色を塗っています。

ラインは使っていません。

理由はラインを引くことで顔がきつく見えるからです。

マスカラを上下に塗り、涙袋にはアイホールと同じ色の明るいベージュを塗り、潤んだような目になるようにしています。

非常にシンプルですが、年齢を重ねるとそれだけで上品に見えると思っています。

マスカラにはこだわりがあります。

わたしはボリュームがないのでボリュームの出るマスカラを選んで買うようにしています。

最近、色素沈着も気になっており、シャドーを塗る前の下地を買おうと思っています。

下地を塗ることによってシャドーの発色がよくなると思っているからです。

メイクはシンプルですが細かいところにこだわりを持ってこれからも年齢にあったシンプルメイクを追及していこうと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑