10代、20代、30代と変わるアイメイク

10代のアイメイクはもちろん濃いめも濃いめ。

アイラインは太めの黒、つけまつげは上は2枚下が1枚の合計3枚が、定番でした。

アイシャドウはカラフルにその時の服装に合わせて、青だったり緑だったり赤だったりキラキラのラメをふんだんに使ったりとバリエーションは無限でした。

そして20代になりバイトや仕事の関係がでてきて10代のようなアイメイクは完全に無理な状態になり。

お付き合いしていく人も徐々に変わってきたのでメイクは自然と控えめになりました。

でもアイメイクはなかなか薄くするのは自分で対抗がありかなり悩みました。

アイラインは茶色で細くなりつけまつげは目尻に1つになりました。

目の下のラインはアイシャドウの茶色で薄くになりました。

やはりこの頃は少し大人の女性に変わろうとした時なのでこのアイメイクで良かったと思っていました。

そして30代になりアイメイクはやはり変わりました。

アイラインはなし。

つけまつげもなし。

薄い茶色いのグラデーションアイシャドウとマスカラのみになりました。

かなりナチュラルになり逆に自分に自信がついていい感じです。

30代になって同じく30代や20代後半のアイメイクが昔から変わっていない人や濃いひとを見ると少しざんねんメイクに見えてしまいます。

歳に合わせたメイクは大切だと思います。

私のこだわりアイメイクをご紹介します。

以前から奥二重で小さい目がコンプレックスでした。

アイシャドウを使用しても奥二重のせいで色味が殆ど目立たず、二重を大きくしようとアイプチを使用しても時間が経つと糊が剥がれ、すっかり元通りになってしまいます。

これまで様々な方法を試して何とか目を大きく見せることが出来ないかと試行錯誤してきましたが、今現在この方法に落ち着いています。

まず、マスカラを塗りその上から付けまつ毛を付けます。

付けまつ毛は少し目尻からはみ出すように付け、目の幅を広く見せます。

次にアイプチで二重の線を作ります。

私の場合、元々奥二重の線があるので、欲張って二重幅を広げすぎないことがポイントです。

アイプチを塗るときは、効果が薄れるので目の周りに決してファンデーションを塗ってはいけません。

最後に、アイプチで作った二重線の上からメザイクを付けます。

あまり食い込ませ過ぎないようにすることがポイントです。

ここまで済んだらようやく目元にファンデーションを塗り、アイシャドウとアイライナーの出番です。

アイライナーはブラックを長めに太めに引き、ここでも目の幅を広げることを意識します。

アイシャドウはブラウン系がオススメです。

目元に陰影を付けることで、不自然に見えなくなります。

このアイプチとメザイクのダブル使いをすることで、涙が出ても汗をかいても、ライブハウスでノリノリになったって二重が取れることはありません。

コンプレックスはメイクで解消してしまいましょう!

一日中マスクをつけていても大丈夫なマスカラ

私は仕事柄一日中マスクをつけて働いています。

そのためメイクにも気を使います。

私は普段アイメイクに一番力を入れていますが、お気に入りのマスカラをつけて働くと終業時には下瞼にマスカラが付き黒くなってまるでパンダのようになってしまいます。

使っているのはウォータープルーフタイプのはずなのに…。

何種類かのマスカラを試してみましたが結果はどれも同じ。

仕方なくマスカラなしで出勤したこともありましたがなんだか顔に覇気がない!朝からこれだと、その日一日なんだかやる気もダウン…。

女性にとってメイクが与えてくれる力ってやっぱり大きいですよね。

落ちないマスカラをずっと探していたところ見つけたのがファシオ!ファシオのマスカラは10年ほど前にも使っていたことがありドラッグストアで買い物中、そういえば!と思い出し購入したのでした。

予想は的中でファシオのマスカラは一日中マスクをしていても落ちることはありませんでした。

カールもしっかりキープできており大満足!しかし昔から色んな意味で落ちないと言われていたファシオのマスカラは現在も変わっておらず、普通のメイク落としでは落ちません。

目元専用クレンジングで丁寧に落とす必要があったのです。

この手間が少々めんどくさいですが、一日中マスクでも耐えきれるマスカラは今のところこれだけなのでこれからも使用を続けたいと思います。

自分に合ったメイクを研究しました。

私は現在28歳です。

高校から本格的にメイクをし始めました。

若い頃はバサバサの付け睫、跳ねあげ強めのアイライン、あいぷちは不自然だったのでやりませんでしたがめざいくが出てからはめざいくは必須。

シャドーはグラデーションも大切ですが色の配置によって印象も変わります。

自分に合った色を見つけるのに必死でした。

とにかく目を大きく見せたかったのでアイメイク重視で頑張ってました。

年をとった今は、自分を客観的に見られます。

見た感想は目が重そう、目の回り黒い、顔立ちがいかついので怖い。

です。

出産して一段落したころ、今までしていた自分のメイクと髪型&顔立ちに違和感を覚えるようになりました。

たぶん顔立ちも変わってきたのだと思いました。

そこから思いきってメイクを変えてみました。

めざいくも付け睫も止めました。
黒いアイラインとマスカラは止めてブラウンに変えました。

すると遠くから見てもいかつさは少しだけ抜けた感じがしました。

この年になるとがっつりメイクは浮いてしまいます。

できるだけナチュラルに見えるように心がけています。

歳のせいで、目の下のたるみも気になります。
たるみには、アイキララでケアを始めました。

やっぱり年齢にあったケアをしないといけないなと思いました。

また100均の化粧品もなかなか使えることを最近知りました。

伸びがよくてお気に入りです。

100円なので挑戦してみたい色も手を出しやすいです。

PAGE TOP ↑